売却前に確認しておきたい高額査定ポイント!?掛け軸の買取のポイントなどをわかりやすく解説します

このサイトでは掛け軸の高額査定ポイントについて説明しています。
趣味などで集めていたが、高齢になったので売却して整理したいと考えている方がいるはずです。
高く売るコツを知っているのと知らないのとでは全然違います。
どういうポイントが大事なのかを把握することで、高く売却することが可能になります。
買取業者に少しでも高く査定してもらうことが大事です。
状態や有名な作家の作品は高くなることが多いので期待して大丈夫です。

売却前に確認しておきたい高額査定ポイント!?掛け軸の買取のポイントなどをわかりやすく解説します

掛け軸を買取業者で高額査定してもらうためには、状態が良いことも重要です。
保存方法が悪いと劣化してしまい価値が下がることがあるので気をつけてください。
また、有名な作家の作品は高額査定になることが多いです。
人気が高い作家の掛け軸だと100万円以上の値が付きますし、中には1000万円を超える作品もあります。
有名な作家の掛け軸であれば、多少状態が悪かったとしても、そこまで価値が低下しないことも特徴になります。

査定に良い影響を与える掛け軸の掛け方・片づけ方や買取の使い方について

掛け軸には通年床の間に飾るものや、節句のときに飾るものなどがありますが通年床の間に吊るすものでも、定期的に交換したり節句に合わせて一度片づけるなどのケースも少なくありません。
しまうときには、両手で軸先を持ち中央まで巻き上げる、次に撒いた軸の中心を持って矢筈で自在掛けから外して風帯を折りたたんだ後に軸を撒くやり方です。
なお、巻くときは表面についている埃を取り除くことと少し緩めに巻くことが大切です。
風帯は驚燕とも呼ばれるものでツバメ避けとされるのですが、中国の掛け軸にはこれがありません。
保管するときは必ず桐箱に入れることが大切ですが、桐箱は湿気から守ってくれる役割があります。
定期的に飾るなどして状態を確認する、これも買取査定で良い影響を与えてくれます。
買取の使い方の中には不要になったものを売却するなどになりますが、査定の依頼をするときには掛け軸だけでなく桐箱や鑑定書など付属品も一緒にお店に持ち込むことが高価買取に繋がります。

買取はどのような掛け軸の種類も対応して貰える?

日本の文化の一つでもある掛け軸ですが、古い時代から作られていたものですのでその時代から保管されていて今世に出てきたという事であれば、かなり価値のあるものになるでしょう。
蔵で眠っていたもので有ったり、親の遺品で出てきた場合、また自分でオークションなどで落とした物でも必要がなくなったという事であれば買取ショップに依頼するのもお勧めです。
掛け軸はどのような種類でも買取の対応してもらうことが出来るかという事においては、必ずしもそうではありません。
価値のない物は買い取りしてもらうことはできませんし、古い物であったり作者が有名かどうかというのは重要なポイントとなります。
あまりに状態が悪いという事でも買取不能になることも有りますし、気になる場合はまず査定依頼をする事をお勧めします。
一つのショップで決めなければならないわけではないですし、いくつかのショップに出してみて一番納得出来たところに依頼するのがお勧めです。

定期的な掛け替えは掛け軸の買取査定評価を高めるポイント

掛け軸というと一度掛けたら掛けっぱなしというお宅もありますが、買取査定評価を考えると定期的に掛け替えることが重要になってくるのではないでしょうか。
掛けっぱなしの掛け軸はホコリが付着して、お手入れをしないと湿気や汚れを呼び込んでしまいます。
湿気は更に空気中のガスを呼び込みますから、掛け軸を変色させたり劣化させる原因になります。
また、温度変化にもさらされやすく、日が差し込む部屋であれば直射日光の影響も免れられないです。
一方で定期的に掛け替えると、その度に状態を確認しますし、必要に応じてホコリを払ったりゴミを取り除くことになります。
日の当たらないところに保管するのも、掛け軸の劣化を防ぎ良好な状態を保つことに繋がりますから、買取査定を受けた時に良い評価に期待することができるわけです。
季節に合わせて年4回ローテーションするだけでも違いますし、好きな作品を自由なタイミングで替えるのもありなので、いずれにしても価値を保ち高めたいなら習慣化してみるのが良いのではないでしょうか。

掛け軸は保管したままではカビや虫食いなどの原因になるので早めに買取を利用しよう

自宅にある掛け軸を売却しようと考えている方が多くいるかと思われます。
趣味として集めていたが、歳をとってきて整理するために売却しようとする人が増えています。
保管したままでは、カビや虫食い被害にあってしまい価値を下げてしまうことになるので、早めに買取を利用することは重要です。
上手く管理できていない方が多いので、十分な対策ができていないと掛け軸をダメにしてしまいます。
高いお金を出して購入したのに、価値がかなり低下することになってしまっては勿体ないです。
早く売却することに加えて、買取業者選びも重要になります。
どこを利用しても問題がないわけではなく、信頼して利用できるところを選ばないといけません。
クオリティの低いところを選んでしまうと、正しく査定してもらえない可能性があります。
比較する際は実際に利用した人の意見も参考にしてみてください。
利用してみないと分からないことがあるため、優れた業者なのかを見極めるための情報が得られます。

掛け軸の買取で高評価に繋がる箱書きや署名とは?

掛け軸は有名な作者の作品ほど高価査定が期待できるけれども、有名作者の作品には贋作も多く存在しているため本物であるのか否かを見極めることができる鑑定能力が問われます。
遺品整理をしているときなど、押入れの奥からいくつかの掛け軸が見つかり誰の作品であるのか知りたいなどのケースも少なくありません。
掛け軸には落款と署名がありますが、これらは作者を特定するときの目安になるもので落款は印鑑のようなもの、絵の端などに押されていてそこは署名も記載されています。
署名は筆などで書いてあるものですが、落款と署名の両方が記されているものといずれか片方の場合もありますし、中には複数の落款が押してある作品もあるなど様々です。
これらは買取のときの高評価に繋がるものですが、他にも箱書きと呼ぶものもありますのでそれについても確認しておきましょう。
箱書きは掛け軸を保管するときに利用する桐箱に記されているもので、ここにも作者が判明する情報が記されているわけです。

掛け軸の買取査定に影響を与える軸先や軸頭とは?

掛け軸は著名な作者が制作したものは美術品の価値が高く、同時に骨董品の価値も高くなることが多いものですが、これをさらに高める要素には使用されている様々な部材等が影響を及ぼす場合も少なくありません。
その中でも特に注目され、影響を及ぼすものと言われているのが軸先や軸頭と呼ばれるものです。
掛け軸は収納時には本体を巻き取り、また壁などに飾る場合には重りの役割を果たす軸が取り付けられていますが、その軸の両端に差し込む様々な材質や装飾を施したものは軸先であり、その材質や形状によって評価が変わることも少なくありません。
この部分に象牙などが使用されている場合もあり、これによって骨董品の希少性が増していると言うケースも多いものです。
掛け軸の買取ではその内容や時代性などが評価されることも多いのですが、同時に様々な部分の材質なども重要な査定ポイントになります。
この部分は軸頭とも呼ばれており、掛け軸の美しさを際立たせる重要なものとなっているのがポイントです。

作者名と判子は掛け軸の買取で真贋判定のポイント

掛け軸を買取に出したいと考えたとき、いくつかのポイントで査定金額の違いが出ます。
保管状態がその一例といえますが、さらに重要なのは作品の真贋です。
本物ではなく模造品だと判断された場合、たとえ保管状態がよいとしても高額の査定は期待できません。
掛け軸の真贋を見極めるとき、大切なのは作者の名前と判子です。
作者が作品を仕上げたとき、自分の名前を書きこんで判子をおすのが通例です。
その筆跡や判子の色などにより、作者本人によるものなのか判断できます。
判断には専門的な知識が必要になるため、掛け軸の持ち主が行うのは難しいかもしれません。
買取を行っている複数の企業に査定を依頼して、金額を比較することが大切です。
掛け軸は保管状態も問われる品物なので、適切な環境で保管できないのであれば査定が低いとしても売却する選択肢もあります。
査定を担当したスタッフから作者名などを判断した根拠を聞いて、納得できたのであれば契約をしてください。

保存状態が悪い掛け軸も希少性が高いものや人気作家などの作品は買取の対象になることも

不要になってしまった掛け軸がある場合、ただ処分してしまうのでは非常に勿体ないことになることもあるかもしれません。
あまりにも古びていて汚れや破れ等がある場合には望みは薄くなってしまいますが、有名な作家が手掛けていたり個数が好くなくてかなり貴重な掛け軸であった場合、高額でも買取も可能になるので相談してみると良いでしょう。
酷い汚れなどがあると買取が難しいと言いましたが、保存状態が多少悪くても希少性の高さが功を奏して買い取ってもらえるケースもまれにあるので望みは捨てないようにしてください。
また、人気作家の作品の場合でサインが書かれていたりする場合、かなりの高額で買い取ってもらえることもあるので期待が高まります。
できれば綺麗な状態のままであればあるほど良いのですが、多少の汚れ程度であれば事前に綺麗に取り除いておくなど手間をかけるだけでも評価は変わってきます。
とにかく諦めずに相談することをおすすめするので、気になるのであれば一度査定してもらうと良いでしょう。

掛け軸の付属品がある場合は買取査定前に用意しておこう

掛け軸を売りたい場合も、付属品の箱など、様々なものが揃っている場合があります。
本体のみを売ることもできますが、付属品が揃っていたほうが高値で売ることができる可能性があります。
箱も含めて査定を行うことにより、査定額がアップする場合もある点に注目です。
専門店で査定を行う前に、事前に周辺のものもきちんと探してそろえておくことで、買い取り額に違いが出てくる可能性があります。
掛け軸を売るために、事前の準備として買取に必要な身分証明などの用意だけではなく、箱や鑑定書など、いろんなものが揃っている可能性に注目することをおすすめします。
事前の準備が満足できる買取となる可能性があるため、高く売るための基礎知識を身に付けることが大事です。
掛け軸の中には、ほこりをかぶっている場合があります。
昔のものは素人の知識でふき取ろうとすると、いたみが出る恐れがあるため、事前に専門店のスタッフに確認をすることも大切なポイントです。

掛け軸に関する情報サイト
掛け軸の高額査定ポイント

このサイトでは掛け軸の高額査定ポイントについて説明しています。趣味などで集めていたが、高齢になったので売却して整理したいと考えている方がいるはずです。高く売るコツを知っているのと知らないのとでは全然違います。どういうポイントが大事なのかを把握することで、高く売却することが可能になります。買取業者に少しでも高く査定してもらうことが大事です。状態や有名な作家の作品は高くなることが多いので期待して大丈夫です。

Search